ロード中...






台紙付き焼き増しができるまで

お客様からご注文を頂きます。

ご注文内容を確認して、請求書を作成します。
不明な点や確認しなければならない事がある場合、お客様に確認いたします。

原版写真の送付の必要のあるお客様には、原版写真の送付のお願いを同時にします。
また、同時に商品発送用伝票(ヤマト運輸宅急便)の作成をいたします。

◆注文内容の確認◆
デジタルデータからのデータアップロードのお客様の場合には、データの画像を確認して、焼き増し可能のご案内か、もしくは他の方法での焼き増しの方法をご案内します。
データでの注文の場合、この時点で商品完成予定のご案内をいたします。

お客様から原版写真が届きましたら、原版写真の確認して、原版写真が届いた旨のご案内をお客様にいたします。特に原版写真がラスター(微粒面)であるのにラスターを指定していない場合は、ラスター表面加工に変更していただきます。

左右が同じで天地が狭いワイド中枠の原版写真で、ご注文の台紙がワイド中枠設定の台紙でない場合は、ワイド中枠有の商品への変更もしくは、対策案のご提案を必ずいたします。

原版写真が6切りサイズで、注文がキャビネサイズの場合には必ずサイズの間違えがないのか確認いたします。

さらに対象写真に集合写真が含まれる場合、キャビネサイズは6切りサイズの半分以下の面積で、特に先輩のお客様には見づらく感じることが多いことを必ずご案内しまして、お客様に承諾していただきます。

カタログ請求者のお申込書添付のお客様にも、この時点で請求書を発行して、商品完成予定をご案内いたします。

トップへ戻る

■オーダー表の作成
対象写真の内容、対象写真の貼り付け位置の確認、複数組み合わせ別の確認、個別配送の確認、原版写真と同じもしくはそれ以上の品質にするための個別写真の明るさ・シャープネス・・などの微調整の指示を明確にします。

サービスの範囲を超えた修正・補正はお客様にご提案して、追加請求のお願いをさせていただき承諾を頂きます。
(例:明らかに暗いお写真の補正・特別なトリミング・シャープネスUP・ごみ取り・キズ消し・目に髪の毛がかかっている・・・など)。


■在庫管理
台紙商品在庫は常にあるように心がけていますが、特注品や取り寄せ品も多数ございますので、ご注文時に同時に在庫を確認して、納期に間に合うようにメーカーに発注して、お客様とお約束してある納期に間に合わせるようにいたします。

またこの時点でメーカーからの取り寄せの納期が遅れる場合、お客様にご案内して必要であれば代わりの商品をご提案して、お客様の必要な納期に合わせる努力をいたします。現在取り寄せ品を含めほぼ納期1週間を実現しています。


■オーダーに合わせて
袋にご注文の台紙お客様の原版写真台紙を入れて、袋の上にオーダー表を張り、オーダーが入っているのに台紙商品が欠品していて作業ができないなんてことが絶対起こらないように管理しています。

トップへ戻る

■メンテナンス
◎焼増しプリンターなど機器のメンテナンス
弊社ではプリンターなど内製処理をしているために、社内に機器の導入をしていますが、定期的にメンテナンス及び繁忙期の需要増に対応するために、商品の即日仕上げ及び即日納品、機器の平日フル稼働はしていません。
効率よく作業して価格転嫁を避けるためでもあります。


■作業開始
弊社ではこの時点から、台紙貼り付け終了までセル方式の作業工程になります。
(一人の作業者が責任を持って最初から商品完成まで責任を持って作業すること)

当たり前のことですが、お客様の台紙付き原版写真にはお客様のお名前が書いてあるわけではございません。

お客様のお写真が間違えて別なお客様のところへ届いてしまったなんてことが起こらないために、複数人の作業者が絡む流れ作業ではなく、責任の所在を明確にするためにもセル方式作業工程にしています。

セル方式作業工程にすることによって、お客様に個別にあるこだわりや色調整や微妙な調整、間違えやすいオーダーの組み合わせ、対象写真が台紙ごとに組み合わせが違うことなど間違えなく効率よくスムーズで快適な作業環境にしています。

また作業環境には椅子はありますが、立って作業できるように作業台を高くしています。

トップへ戻る

台紙付き原版写真からの焼き増しの場合、まず原版写真を台紙から剥がして外します。

台紙付写真は、お写真と台紙中枠とのバランスが大切です。
スキャニングする際に台紙中枠の厚みをなくして、スキャナーにお写真をぴったり合わせてのスキャンをしてピントを合わせるため。

もう1つは、中枠の際までしっかりピントを合わせ、原版写真と同じ人物と中枠とのバランスを同じくします。

原版写真や台紙を傷つけないようにペーパーセメントソルベント液(糊溶解はがし液)を台紙中枠及び原版写真との間に適量を注ぎ、糊の溶解を柔らかくして時間をかけてゆっくり無理な力をかけずに一枚一枚丁寧に剥がします。

その際、原版台紙に復元することも考え、見えない部分に天地や写真貼り付け位置のマーキングをします。

トップへ戻る

お写真からの焼き増しの場合、お写真をスキャナーでスキャニングします。
写真表面に糊が付いている場合には、ペーパーセメントソルベント液(糊溶解はがし液)をふりかけて、エアーを吹きかけ飛ばしきれいにします。

写真表面は傷がつきやすいので、決して無理な力をかけて布などでこすったりしません

お写真を原稿台に合わせるときに、埃などゴミが入らないようにエアーを吹きかけ飛ばします。また原稿台も常にきれいにクリーナーで拭きます。

データで取り込んだ画像はモニターで拡大してエアーでとりきれなかった埃などを画像処理できれいにします。

またこの時お写真の隅々まできれいに画像として取り込まているか確認いたします

トップへ戻る

複数枚ご注文でも必ずテストプリント1枚して、原版写真とテストプリントを2枚並べて、パッと見て相違が感じられないように調整します。
(弊社の商品はお客様のお写真の複製品です厳格に100%全く同じというわけにはいきませんが、パッと見て違和感か感じられるようでしたら不良品と考えています)

原版写真とほとんど同じと感じられるか、もしくは、複製品でこのクオリティーでこの価格で満足いただけるように、出来る限り原版写真と同じお写真を台紙付きでお届けすることを品質管理でありポリシーと考えます。

プロが撮影したデータからの焼き増しの場合、色合わせの作業は致しません。
ただし、台紙中枠とのマッチングを適正にして、高級感のあるラスター(微粒面)表面加工仕上げ+豊富な種類の台紙で、プロのスタジオや写真館で撮影した以上のクオリティーとコストパフォーマンスを納期短縮することでご満足頂きたいと思います。

トップへ戻る

スキャニングをしたら、台紙付きの原版写真を速やかに台紙に戻し復元します。

原版写真の台紙には、見えない部分に剥がす際に、マーキングをしていますので、そのマーキングに従い原版写真をお預かりした時と同じ位置に復元します。
パッと見たら原版写真を剥がしたのはわかりません。

トップへ戻る

ご注文の台紙と中枠とのマッチングを考え、バランスを考え適切に拡大縮小をして調整して、必要枚数効率よく焼き増しします。

セルフセットのお客様には、お客様がお写真を台紙に貼り付けやすいように十分バランスを考え焼き増しします。

トップへ戻る

台紙付きお写真は、写真の表面を手に取って指で触って楽しんでいただくものです。

ニス表面保護加工をいたしますと、手で触って汚れても拭けばすぐにとれます。また拭けば後にも残りません。

写真の表面はべたべたして触ると指紋が残ったり、拭いても跡が残ったりしましたが、ニス表面保護加工をすることにより安心して写真の表面を触って楽しむことができるようになりました。シオノギャラリーではすべての商品をニス表面保護加工に変更しました。

特にセルフセットのお客様は、お客様ご自身で台紙にお写真を張り付ける際に、お写真を必ず手で触ります。汚れ防止になります。

お客様から送っていただいた原版写真の98%の原版写真がニス表面保護加工もしくはラミネート加工をしていない原版写真です。
原版写真はお客様にとって大切なマザー写真ですので、絶対お写真の表面には触らないでください。
汚れてしまいましたら、撮影されたスタジオや写真館で高価の原版写真を購入するしかございません。十分注意の取り扱いをお願いします。

トップへ戻る

焼増ししたプリントは、ご注文いただいた台紙に一枚一枚丁寧に貼り付けます。
指紋防止のために抑えの左手には清潔な写真作業用白手袋を使用して作業します。

広い作業台の上で両面テープ&セロテープを用意して、万が一張り間違えた時のために、ペパーセメントソルベント液(糊溶解はがし液)も用意します。

原版写真台紙を見本としまして、まず台紙1セットを人物と中枠とのバランスを考え、適切に貼り付けしましたら、それをさらに見本として、複数枚同じ位置、同じバランスで貼り付けします。

1冊ごとに位置やバランスが変わらないように注意して、日本の物づくりの品質管理をいたします。

トップへ戻る

台紙付きの原版写真と台紙付きの商品を比べて、パッと見て同じに見えるか厳格にチェックします。それと写真表面に傷や汚れがないかもチェックします。

また台紙付きの商品の台紙は、台紙の表紙や裏表紙の汚れがないか確認して、保護用和紙付きの台紙には和紙がよれていないか、台紙の角がつぶれていないか、確認します。

再度ご注文の冊数や、原版台紙付き写真、オプションの台紙袋の枚数なども確認してそれぞれエアーパッキンで包んで緩衝材を入れて、弊社専用の段ボールに入れて梱包します。

特に台紙袋が折れ曲がらないように、梱包した箱をゆすった時に中で商品が揺れ動かないよう十分確認して、壊れ物取扱い注意のシールを張ります。

個別配送のご依頼には、個別配送先の内訳や原版写真返却先、同時に梱包依頼物など、十分に確認して梱包します。

トップへ戻る

商品完成予定日までに、お客様から商品代金のお振込みが確認されている場合は、その都度お振込み確認のご案内をして、商品が出来次第、発送します。
また事前に受取日指定&時間指定がある場合は、ご指定どおり発送します。

商品完成後商品代金のお振込みが確認できていないお客様には、商品完成のご案内と商品代金のお振込みのお願いの案内をします。

お支払方法が、代金引換指定のお客様には、商品完成予定日までに商品が完成次第、代金引換にて商品発送します。

お試し焼き増しのお客様には、送料のみ着払いで商品発送します。


◆繁忙期の納期遅れに対して◆
<ゴールデンウイーク前>
<夏のお盆の前>
<年末のクリスマス前後>

受注量の需要予測を立てて的確に在庫(台紙・ペーパー・インク)の計画を立て、納期遅れが無いように対応し作業人員及び作業日数の拡大をします。
尚且つ納期遅れが発生しそうになったら、常にお客様に納期変更確定した時点で、的確に新しい商品完成日を案内して、お客様のお写真のご利用予定日に間に合わないことが無いようにします。

トップへ戻る

お客様に商品が届いた時にあってはならないことですが、
商品を間違えた、
原版写真と商品の相違がある、
もしくは気になる点がある、
台紙の冊数が違う、
台紙袋が注文の枚数がない、
商品の角がつぶれている・・・、
あってはならないことですが、正直ありました。

弊社としては、正直に誠実に対応させていただき、今後も正直に誠実に対応させていただきます。

お客様にとって、大切な結婚式などお祝いごとのお写真を取り扱っています。特にお客様にはそのお写真をご親戚の方々に、お配りすることを前提にご注文いただいています。

そのお気持ちを大切にして、その都度丁寧にやり直して対応させていただく事でしかできないのですが、特にそのようなせっかく弊社を選んでいただいた大切なお客様に、ご迷惑をおかけしてしまった事に対して、より以上に敏速に納期を短縮してスピード感を持って、正直に誠実に対応させていただきます。
もちろんその費用はすべて弊社にて負担させていただきます。

どんなことがあっても、お客様がご親戚の方々に、お配りする大切なお写真のご利用日までに間に合うように、出来る限りのことをさせていただきますのでよろしくお願いします。

トップへ戻る