ロード中...






焼増しプリントが全てニス表面保護加工付きな理由

シオノギャラリーの焼増しプリントが全てニス表面保護加工付きな理由

弊社が弊社が焼き増しサービスを開始した当初、台紙付き 写真の高温多湿・低温結露による写真表面のベタツキ及び、 写真の波うちが多発し、やり直しによる返品が多数ありました。

弊社では十分写真を乾燥して平面を確認して台紙に貼り付けているのですが、梱包して発送しお客様に届きお客様がお写真をご覧になりますと、写真の表面がベタベタしてたり写真と台紙の素材の違いからくる、収縮の違いで波うちが発生していました。

何度もやり直して写真のはり方を工夫してみても、なかなか収拾のつかないプロとしての洗礼を多数受けました。
当初はパウチみたいな表面のラミネート加工も導入しましたが、光沢仕上げでしか対応できず、ラスター(微粒面)の原版写真と見比べてみますと、違和感が感じられ苦悩しました。

そこで、液体のニス表面保護加工へとたどり着けました。液体のニス表面保護加工の特徴は、光沢はより艶やかな光沢にラスター(微粒面)にも施工でき、乾燥しますと表面はさらっとして、しかも高温多湿・低温結露の環境でも温度変化や湿度の変化のベタツキ、 及び収縮からくる波うちが防ぐことができました。
またラミネート加工などにはあった、表面への空気やゴミの混入もなくなりました。

このニス表面加工は、弊社の高温多湿・低温結露からくる洗礼と苦悩。そして台紙付き写真へのこだわりの改善からくるお客様への提案です。
お祝いや婚礼の台紙付き写真は賞味期限はございません。
お配りして安心・喜ばれて当たり前。いつまでも安心してきれい! 安心して御利用ください!

トップへ戻る